ECLAVIA

2018 PREFALL COLLECTION
<DEAREST ROMY>

ロミー・シュナイダー(Romy Schneider)
オーストリア・ウィーン出身。
1938年9月23日 - 1982年5月29日。
本名、ローゼマリー・マグダレーナ・アルバッハ。女優。

小柄で愛しく、気品ある美しさと魅惑的な笑みで人々を魅了した女優、ロミー・シュナイダー。
舞台人一家に生まれたロミーは、天性の美貌と演技力でスターとしての階段をのぼった。
反面、度々見舞われていた私生活での悲劇。
女優というベールで身を守り、気品と笑顔で悲しみにも直向きに挑んでいく彼女の強さや美しさ。
歳を重ねていく度に深みを増していく女性として、そして女優としての姿は、MUVEILの女性像に重なります。
2018 PREFALL COLLECTIONは、ロミーの魅力がスクリーン一面に印象的に繰り広げられていた作品「ボッカチオ70’」を舞台に、彼女へのオマージュとして誕生しました。
作品で印象的に登場する「黒電話」や「煙管」、「子猫」、「ツイード」や「ビジュー」などをモチーフに、劇中のスタイリングやクラシカルな時代背景をMUVEILのユーモアや遊び心を添えて表現しました。
プリントや刺繍に登場する猫は、写真家の榊原俊寿(Toshihira Sakakibara)氏の作品を起用。
60年、70年代の気品を表現する色としてシーズンカラーにセレクトしたパープルとロイヤルブルーは、MUVEILらしい調色で。
アイコニックなモチーフの数々を大胆に表現したニットや、オリジナルの布帛、グリッタープリントを採用したプリント、フィルム糸を使用したツイードなど、遊びが光るディテールをレイヤードし、個性溢れるスタイリングでコレクションの世界観をお楽しみください。

Actress Romy Schneider was a fascinating actress with a small lovable figure,
an elegant beauty and an enchanting smile. Born in a family of stage people,
Romy climbed the ladder to stardom with her natural beauty and acting abilities.
On the other hand, tragedy hit her frequently in her private life.
She protected herself with her “shield of actress”, and her strength and beauty challenged sorrow in a straightforward way with grace and smiles.
As a woman who grows finer with age and as an actress,
she represents the female ideal of MUVEIL.
2018 PREFALL COLLECTION was born as a tribute to her, with "Boccaccio '70 '',
the work that spread Romy's charm through the screen.
"black phone", "smoke pipe", "kittens", "tweed" and "bijou" …. with motifs that make significant appearances in the film, MUVEIL's humor and playfulness are expressed as joyful details together with the styling proposal inspired by the classical ambient of the movie.
Cats appearing in prints and embroidery in the collection come from photographer
Mr. Toshihira Sakakibara's work.
Purple and royal blue in playful tone, selected as season colors to express the 60's and 70's elegance in a MUVEIL style.
With the knitwear full of bold iconic motifs, original fabrics and glitter prints, tweeds using film yarn, and more, a playfully layering style with individuality is proposed.