ECLAVIA

MUVEIL

  • カートに商品がありません。

    現在の中身:0点

声優・花澤香菜さんと行く
東京浴衣百景


様々なフィールドで活躍中の声優・花澤香菜さん。実は MUVEIL を長年応援してくださっているお客様の一人。そのご縁もあってスペシャルコラボ企画が実現しました。MUVEILの浴衣シリーズより、ミモザをモチーフにした新作のお披露目を兼ねて、花澤さんに纏っていただくことに。舞台はデザイナー中山路子お気に入りの東京スポットから。粋に着こなす姿を、ご本人が語る浴衣のエピソードと合わせて紹介します。



「とらや 赤坂店」にて。建築家の内藤廣さんが手がけた和モダンな空間で一際目を引く大階段のところを背景に。


なじみのある「とらや 赤坂店」も
浴衣で行くと新鮮な気持ちに

「デザイナーの中山さんと同じく、私も『とらや 赤坂店』は時々足を運ぶお気に入りのところ。普段は洋服なので、こうして浴衣で訪れるのは初めて。帯のおかげもあって背筋がピンと伸びて、それに伴って指先からつま先まで意識するようになり、所作に一段と気をつけようと思います。だからでしょうか、なじみのある光景が新鮮に感じます。服を着ると気持ちが変わる。服が持つパワーってすごいですね。声優の仕事は窓のないスタジオに一日中こもることが多いので、時間の感覚が麻痺してきて士気が下がることも。そうならないように私は気分が上がる服を着て自分を奮い立たせています。MUVEIL が好きな理由はまさにそうで。エレガントでさり気ないところに遊び心があって。今着ている浴衣も同じく。ワクワクが止まりません(笑)」


ミモザの黄色が映えるネイビーの浴衣は、おでかけ着をイメージして半衿や足袋を合わせて着物風にスタイリング。

ミモザ柄浴衣(ネイビー)¥46,200
帯(きものなかむら東京店)
帯留(大山キモノ)860(HACHIROKUZERO)
その他スタイリスト私物

出演者みんなで浴衣を着てアフレコ
またトライしてみたいです

「学生時代は日本文学を専攻していて着付けの授業があったので、今回久しぶりに浴衣に袖を通して懐かしい気持ちにもなりました。それでさらに思い出したのが、ある仕事で出演した声優のみなさんと浴衣でそろえてアフレコに臨み、そのままの姿で夕食も共にしたことです。なぜそうなったのか覚えていませんが、場が盛り上がっていたのは記憶にあります。アフレコはチームワークが本当に大事。スポーツ選手のユニフォームみたいに、チーム全員が同じ格好をすると絆が深まります。チャンスがあれば出演者のみなさんに声をかけてまたトライしてみたいです。歴史モノのアニメだったら、なおさら。アフレコに限らず、映画やイベントの記者会見の時でもいいかもしれません。あの時みたいに、現場がきっと盛り上がるはずです」


南青山にある「ヨックモックミュージアム」内、ピカソのセラミックコレクションが展示された色鮮やかな空間で。

「ヨックモックミュージアム」で実感
浴衣で美術鑑賞もいいですね

「先ほど話した通り、学生時代は日本文学専攻で着付けの授業があったこともあり、当時は、休日になるとクラスメイトと一緒に和服で浅草や鎌倉に出かけたりしていました。やっぱり和服を着たら日本らしい下町情緒あふれる場所に行きたくなります。でも今回の企画で気づきました。日本らしさでも『とらや 赤坂店』のようなモダンなところと、今いる『ヨックモックミュージアム』のようなアート空間にも、和服姿でいるとより特別なひとときを過ごせるな、と。浴衣で美術館に行ったのも初めて。好きな洋服を着た時とは違うワクワク感でアート作品に向き合うのも楽しいです。最近は和服からすっかり遠のいてしまいましたが、これを機にまたプライベートでも着たくなりました。まずは浴衣で美術鑑賞もいいですね」


ミモザカラーの浴衣と淡青の半幅帯を合わせた軽やかで凛とした装い。ミモザ柄の扇子を添えてさらに気分を盛り上げて。

ミモザ柄浴衣(イエロー)¥46,200
ミモザ柄扇子(ネイビー)¥7,920
帯(きものなかむら東京店)
根付(ostara)
その他スタイリスト私物

服やパンなど、いろいろな好きが
気持ちを切り替える原動力です

「スタジオに一日中こもったり、同時期に様々な役を演じたり、声優以外の活動をしたり。日々忙しい中で心がけていることは、気持ちの切り替えです。お気に入りの服を着ること、趣味のパン屋さん巡り、今ハマっている韓国ドラマのチェック。それぞれは私の気持ちを切り替える原動力になっています。いろいろな好きを吸収すると、よし仕事がんばるぞ!というスイッチが入るんです。好きを追い求めたら、気持ちの切り替えがもっと上手くいきそう。だからもっとおしゃれを楽しみたい。服が持つパワーって、やっぱりすごいと思うんです。MUVEIL の浴衣を着てあらためてそう強く感じました」

■花澤香菜 profile
演技力の高さと透き通った唯一無二の声質で、日本国内だけにとどまらず中国においても支持を受けている人気声優。2003年放送のテレビアニメ『LAST EXILE』のホリー・マドセイン役として声優デビュー。以降、『ポケットモンスター』サクラギ・コハル役、『五等分の花嫁』中野一花役 など出演作多数。歌手としては2012年に『星空☆ディスティネーション』ソロデビュー。2021年にポニーキャニオンへのレーベル移籍を発表。最新シングル 『駆け引きはポーカーフェイス』が2022年7月20日(水)にリリース。


<MUVEIL デザイナー中山路子のお気に入りスポット>
■「とらや 赤坂店」
「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」を追求。
菓寮とギャラリーを併設し、和菓子の新しい魅力に触れられます。
東京都港区赤坂4-9-22
https://www.toraya-group.co.jp

■「ヨックモックミュージアム」「カフェ ヴァローリス」
洋菓子ブランド「ヨックモック」の現会長が開館した
ピカソのセラミック作品を中心に展覧会を行う美術館。
東京都港区南青山6-15-1
https://yokumokumuseum.com


Model:Kana Hanazawa
Photographs:DAEHYUN IM
Styling:Fumiko Kobayashi
Hair & makeup:Mika Iwata(mod's hair)
Text:Yoko Yagi
Cooperation : TORAYA. YOKU MOKU MUSEUM
※「虎屋」「ヨックモックミュージアム」の許可を得て撮影しております。